競売事例研究 格安物件あれこれ

雲

クソ暑かった夏もそろそろ終わりですね。涼しくなればなんとなくやる気も出ます。新規のお問い合わせも増えてきているような気がする今日この頃です。


さて、今月の事例研究は、目先を変えて格安物件をいくつか見てみます。

みんなが好きな格安物件ですが「安物買いの銭失い」と言う言葉も有ります。まずは3点セットを読んで安い理由を調査してからトライしましょう。うまく知恵を絞ればお宝になるかもしれません。


(1) 横浜市泉区上飯田町の戸建

[裁判所・入札情報]
・横浜地方裁判所本庁 H30ケ435
・入札期間:2019/09/03 ~ 2019/09/10
・開札期日:2019/09/17
・売却基準価額:1,070,000円

[物件情報]
・種別:戸建
・敷地利用権:借地権
・所在地:横浜市泉区上飯田町
・交通:相鉄いずみ野線「いずみ中央」駅 徒歩17分
・延床面積:101.85平米
・建物構造:木造瓦葺2階建
・間取り:4LDK+店舗
・築年月:1989年7月
・現況:所有者専有中

横浜市泉区上飯田町の戸建

売却基準価額が107万円の戸建です。

土地は借地なので建物のみの売却です。 借地権は有るのですが、建物収去・土地明渡訴訟が係属中との記載があります。詳細はわかりませんが、借地権が無くなると建物を解体して明け渡さないとなりません。

また、接道の関係で再建築も難しそうです。


(2) クリオ星川弐番館 3F

[裁判所・入札情報]
・横浜地方裁判所本庁 H31ケ10
・入札期間:2019/08/20 ~ 2019/08/27
・売却基準価額:1,710,000円

[物件情報]
・種別:区分マンション
・敷地利用権:所有権
・所在地:横浜市保土ヶ谷区桜ヶ丘一丁目
・交通:相鉄線「星川」駅 徒歩8分
・専有面積:14.98平米(登記簿)
・建物構造:鉄筋コンクリート造3階建3階部分
・間取り:1R
・築年月:1992年5月
・現況:賃貸中 ※賃料43,000円(共益費込み)

クリオ星川2番館

売却基準価額が171万円のワンルームマンションです。

現在賃貸中でオーナーチェンジです。安く落札できれば管理費などを差し引いても利回りは結構良さそうですね。

この賃借権は抵当権設定前からのものなので落札後も有効です。ご自分で使おうと思った場合は立ち退き交渉が必要になりますが、賃借人の権利の方が強いです。

また、嫌なところでは、契約書が無いとか、漏水工事の途中で放置されているとかの記載が有ります。

ところで区分マンションの格安物件は、滞納管理費等が大きく積み上がっていることが多いので注意が必要です。滞納管理費等は落札者に支払い義務が有ります。なおこの物件の滞納額はまだ?16万円くらいです。

競売の入札は、売却基準価額の8割以上からできます。苦労を楽しめる方、うまく知恵を絞れば格安物件もお宝になるかもしれません。


2019/09/23 追記

それぞれ次の様な結果になりました。

(1) 横浜市泉区上飯田町の戸建
売却価額:856,007円(売却基準価額:1,070,000円)
入札数が1で買受可能価額での落札です。関係者かもしれませんね。

(2) クリオ星川弐番館 3F
売却価額:2,805,556円(売却基準価額:1,710,000円)
売却基準価額の約1.6倍で法人の落札(入札数4)でした。落札したのは多分業者でしょう。この後いくらで売りに出されるかとかを監視してると今後の入札戦略の参考になります。


ご相談はお気軽にどうぞ。

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ にほんブログ村
ポチっとしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL