個人間売買サポート

不動産の契約

売主・買主・物件 の全てが決まっている場合は、個人間売買サポートということで下記の手数料で承ります。

仲介手数料(売主と買主の合計額)
物件価格の 1.0% + 税(最低価格18万円 + 税)

※例えば価格が2,000万円だと売主と買主の合計で20万円+税です。

通常の仲介手数料は、売主・買主の両方から3%+6万円づつですので、例えば売買価格が2,000万円だと、売主と買主の合計で132万円+税 となります。この場合、通常の仲介手数料よりも112万円安い事になります。

不動産の個人間売買について

不動産取引においては、契約内容などで注意しておくべきポイントがたくさんあります。そして、個人間あるいは親族間の売買では、その契約内容などが曖昧なものになりがちです。

そして、互いに知っている者同士でも、契約内容を曖昧にしておくと後々のトラブルを招きかねません。

さらに、銀行融資あるいは税務申告、さらには後での相続のことなどを考えると、「査定書」「重要事項説明書」「契約書」等の書類をきちんとした形で残しておくことは重要です。

個人間や親族間での売買の場合は、場合によっては、取引価格なども含めて自分たちに都合の良い恣意的な条件での売買と見られがちですが、正規の宅建業者が媒介に入っている取引であれば、正規の取引として認められやすいという利点もあります。

また、重要事項説明書や契約書に仲介印を押印できるのは、正規の免許を受けた宅建業者と宅地建物取引士だけです。

個人間売買サポートとしての仲介業務

JNS不動産では、一般の売買と同様な形で正規の媒介業務を行いますので、安全に個人間の売買を行うことができます。

業務内容は次の通りで、各段階で必要な書類も作成致します。フルサポートの媒介業務です。契約書を作成して、それを渡して終わりとかではないです。

最初のご相談から最後の決済まで、安心・安全なお取引をサポート致します。

  • 物件調査(必要に応じて測量の手配)
  • 査定
  • 重要事項説明
  • 契約
  • 融資のご紹介
  • 決済(引渡し、登記手続きの手配)

なんでもご相談下さい

お客様それぞれのご事情に応じて、物件価格、税務、また相続などにつきましてもご相談頂けます。

※税務、相続、その他法律問題などで、専門家が必要になる場合は、提携している税理士、司法書士、弁護士をご紹介致します。


どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。秘密は厳守いたします。

お問合せ

売りたい

仲介手数料半額キャンペーン

売却しにくい物件でお困りの方

収益物件の売却