仲介手数料半額キャンペーン

仲介手数料割引

売却 × 専任媒介
仲介手数料半額

  • 売却物件の専任媒介時の仲介手数料割引キャンペーンを実施中です。
  • 専任媒介契約で売り物件を預からせて頂いた場合は、仲介手数料は半額で承ります。
    ※仲介手数料 = 成約価格×1.5% + 3万円 (+消費税)
    ※価格は400万円以上
  • 媒介契約の期間は1ヶ月から承ります。
  • 価格査定は無料です。お気軽にご相談下さい。
  • 取扱可能エリアは東京・神奈川・埼玉・千葉です。

両手取引を狙った抱え込み等は一切しないことをお約束致します。レインズを始めとして、積極的に他の仲介会社様に情報提供して広く買主様を探します。


以下、媒介契約の種類についてのご説明です。

媒介契約の種類について

媒介契約には「一般媒介」「専任媒介」「専属専任媒介」の3種類があります。

  • 「専属専任媒介」と「専任媒介」は仲介業務を1社にしか依頼できません。
  • 「一般媒介」は複数の不動産会社に仲介を依頼することができます。

もう少し詳しくご説明します。

一般媒介について

ぱっと考えると、複数の業者に競わせるわけですから良さそうに思います。

ところが、これを業者の立場から見ると、とにかく1番に決めないと手数料になりません。そうなると業者としては「売主様の許容する最低の価格で良いからなんとか1番で決めてしまおう」という心理が働きます。(当たり前ですが、値段は安いほど買主様を見つけやすいです)

結果として、複数の業者の競争は、売主様が想定の下限の値段での早期売却を目指す方向に向いていきがちです。

専任媒介について

専任媒介はその構造上、高く売るのに向いてます。物件を預かった業者からすると競争相手がいませんので、高額売却を目指して売主様とじっくりと作戦を立てることができます。

不動産は同じ物件はありませんので、値段の妥当性の考え方は人それぞれです。気に入ってくれる人が出てくるまで、高目の値段でじっくりと糸を垂らして待つイメージでしょうか。(これが一般媒介だとあまり悠長なことは言ってられません)

ただ、専任媒介でダメな業者や担当者に当たってしまった場合は不幸です。ダメというのは単に能力が低いとかはもちろんですが、元々悪意がある場合があります。その手口はここでは書きにくいのでご興味の有る方はまた別途。

専属専任媒介について

「専属専任媒介」は、売主が買主を自分で発見しても、媒介を依頼した宅地建物取引業者の媒介なしには契約できないという契約です。要するに自分で買主を探してきても手数料を支払う必要があるということです。正直な所、売主様にはあんまりメリットは無いように思います。どっちかというと信頼の証とかそういうのでしょうか?


ということで、時間をかけてでも、高額売却を目指すのであれば、専任媒介契約が有利です。

本来、売主側の媒介業者は売主様の利益のために、できるだけ高額で売却できるように工夫や努力する責任があると思います。しかし、一般媒介においては、他社がとにかく1番で(安くても)売却しようとしている中で、じっくりと高額売却を狙うのもなんか残念な感じになりがちです。

なお、急いで売却する必要がある場合や、問題を抱えていて通常のお客様には売りにくい場合、買取業者を競わせて最も高く買ってくれる業者を探します。(買取業者も物件の種類や地域によって、得手不得手が有ります)

いずれにしても、売主様のご意向や状況をじっくりとご相談させて頂いた上で、売主様と作戦をいっしょに考えて売却活動を行っていきます。

 

お問合せ

売却しにくい物件でお困りの方

収益物件の売却

個人間売買サポート

売りたい