境界明示の立会い

アパート

このホームページは WordPress を利用しているのですが、バージョンが5.0になって、デフォルトのエディタが Gutenberg(グーテンベルク)というのになりました。(記事を投稿するときのエディターです)

ずいぶん見た目や編集方法が大きく変わってしまったのですが、新しいものは好きなので、ぼちぼち慣れていこうと思います。


さて、先日一棟アパートの売買で引渡前の境界明示の立会をしました。不動産協会の標準の売買契約書では、次のように書いてあっって、その立会です。

「売主は、買主に対し、残代金の支払日までに、土地につき現地にて境界標を指示して境界を明示します。」

このアパートの敷地は以前に確定測量が済んでいますので、今回は境界標の確認だけです。

新しくてわかりやすい境界標です。

古い境界標
だいぶ古くなっています。

埋まっていた境界標
やや埋まっていました。

小さい境界標
小さいです。

こんな感じで全ての境界標を確認していきます。

最近はパソコンをいじっているよりも、外へ出かける方が楽しいです。(但し天気の良い日に限ります)

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ にほんブログ村
ポチっとしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL