物件売却時の売出し価格と期間

住宅街

新年早々、早くも疲れが溜まっているのか昼間から眠くて眠くてしかた有りません。決してブラック的な労働はしていないので、年末からほぼ毎日夜中にやりこんでいるPS4のグランツーリスモの影響が大きい様な気がします…..


さて、本日は物件の売却に要する期間についてです。

物件の売却を仲介業者に依頼すると、まず査定をしてその上で次の3つの価格を提示されることが多いと思います。

  • [普通] 3ヶ月以内くらいに売れるであろう価格
  • [高い] 売れればラッキーな価格。
  • [安い] すぐにでも売れるであろう価格

不動産は一つしかありません。ただ一人だけの買主が見つかれば良いので、時間に余裕が有ればまず高めの値段で売り出してみようということになるかと思います。

場所などに思い入れが有ったり、建物がぴったり感性に合ったりしていて、多少高くても買うという人たちが見つかればラッキー、という感じですね。

実家の近くとか、お子様の学校の関係とか、場所にこだわる方はわりと多いです。そういう方はずっと物件を探しているので、ぴったりの物件が出てくれば多少相場より高い感じでもやむなく?買ってくれたりします。

物件売却

さて、レインズに掲載すると情報は日本中に出回るので、値段が妥当であればほぼ相場で決まります。

ここで、売り出してすぐにいくつかの内覧や購入申込みが入った場合は、「人気がすごく有る!」とか言って喜んでいる場合では無いです。査定を安い方に間違った可能性が有ります。もし売却を急いでいないのであれば、なんか損した感じですね。

逆に反応が全く無い場合は価格が高すぎるわけですが、安すぎる場合と違い時期を見て値下げをすれば良いだけですので被害は少ないです。

また、買い替えの場合や、事業資金の確保、相続税の支払い、ローン返済の行き詰まりなどの諸事情でなるべく早く現金化したい場合などは、ローン特約とかで契約が流れたりすると時間がとても無駄になりますので、最初から安めの値段で現金で買ってくれそうな業者やセミプロのお客様に直接打診します。その中で一番高く買ってくれそうな買主と、物件については色々免責の条件を付けた上で急いで契約ということになります。


というわけで、なるべく高い値段で売却するためには、理想的には最低半年くらいの期間を見て売り出すのが良いと思います。

戸建

ところで仲介業者の立場からは、通常3ヶ月で媒介契約が切れますので、なんとか3ヶ月以内で売却を決めたい所です。そのためだけに値下げを提案する業者もいるようですが、それだと売主の利益にはなりませんよね。

また、数社で査定をされるような時は、高い査定額を出したところに売却を依頼するケースが多いので、よくある一括査定サイトなどでは高めの査定価格が出ることが多いですが、実際にその額で売り出すとなかなか売れずに結局は値下げさせられてしまうというパターンは多いです。これも注意した方が良いです。

結局は仲介業者の担当者次第なのですが、これを事前に見極めるのは困難です。大きな会社だからといって良い担当者ばかりがいるわけでも有りません。

タワーマンション

いずれにしても売却は仲介業者と密に打合わをしながら進めていくことが大切です。あまりばたばたするのも意味が無いですが、放りっぱなしはだめです。

物件のコンディションも様々ですが、売主の状況も様々ですしマーケットも変化します。仲介の担当者と相談しながら、定期的に状況を良く把握して戦略を調整しながら進めていくと良いと思います。不動産は多くの人にとっては最大の資産である場合が多いです。大事な資産の売却ですので業者のいいなりになるのは良くないです。


ご相談はお気軽にどうぞ。

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ にほんブログ村
ポチっとしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL