住宅ローンの審査について

住宅ローンを取り扱う金融機関

審査されるというのは、何にしてもあまり愉快なものではありませんよね。

その中でも、住宅ローンの審査は人生にそう何度も無い大きな買い物に付帯するものなので、慎重にいきたいものです。

さて、住宅ローンは、ざくっと言うと、「借りる人」に関する事項と、「担保物件」に関する事項の両面から審査されます。

まず、「担保物件」に関する事項ですが、これは物件によって決まってしまうので、ある意味どうしようもないです。足りない分は頭金をせっせと貯めるか、親族から融通してもらうかです。

一方、「借りる人」に関する審査対象になる項目としては、次のような事があります。

信用情報、勤務先、勤続年数、収入、返済負担率、完済時の年齢、団体信用生命保険に加入できるか、当該金融機関との取引状況、等。

それぞれ大切なのですが、特に信用情報には気をつけましょう。車でもなんでも、ローンの残高は無くしておくべきです。もちろんリボ払いも。さらに過去に滞納歴などがあると難しくなってくるかもしれません。

また、取引銀行とは、給与振込口座にしたり、定期積立預金をずっと続けるなど、仲良くしておいた方がいいです。

ところで、住宅ローンの審査に落ちた場合でも、その審査基準については銀行は明確には教えてくれません。意地悪な感じもしますが、基準を明確にしてしまうと、作戦を立てられて攻略されるのがいやなんでしょうね。

で、金融機関は上記の項目を主に審査しますが、ここで気をつけたいのは、金融機関によって審査基準がばらばらだということです。

当然ながら、○○銀行はやや甘いとかそういう話は色々あります。また、同じ金融機関でもある時期から厳しくなったとかもあるようです。

なので、ご自分が、ちょっときわどいかな?と思われる方は、複数の金融機関に事前打診をされておくべきです。一つがだめでもめげずに次も聞いてみる感じで。

いずれにせよ、住宅をローンで購入される予定とか希望がある方は、信用情報の事なども含めて、数年計画で準備をしておいた方がいいです。

JNS不動産では、不動産購入にあたっては、ローン付けも含めてご相談を承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ


にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ にほんブログ村
ポチっとしてくれると嬉しいです。