千葉市の一棟マンションの現地調査

千葉都市モノレール

首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)の新築マンションの平均価格が「バブル超え」の7,764万円との事です。

都心のタワーマンションは1億円以上の部屋も多いので平均を上に引っ張っているのだと思いますが、普通の会社員だと相当の貯金や親族からの贈与、あるいは相続など無いと難しいですね。

ザ・タワー横浜北仲

マンションがこの価格帯になると、郊外の戸建が人気化するのもなんとなく分かります。あるいは1億円くらいになればそこそこの一棟マンションも視野に入ってきますので、投資に興味の有る方は興味を惹かれそうです。


さて、先日千葉駅周辺の一棟マンションの現地調査に行ってきました。

千葉駅周辺は再開発なども有ってそこそこ賑わっています。モノレールが未来的?で新鮮な感じですね。

千葉都市モノレール

価格帯はもちろん東京都心部よりだいぶ安くなるのですが、賃料水準が低めなことも有り利回りはもう少し欲しい感じです。

千葉市のマンション

投資物件を検討する際には表面利回りが気になりますが、なにより大事なのはそのエリアの賃貸の需要動向と実際の賃料水準です。「家賃さえ適正であれば確実に空室が埋まる」というようなエリアでないと心配です。

通町公園付近のマンション

ところで、表面利回りが高い物件は何かしらデメリットが内包されていると考えた方が良いです。(時々書いている「利回りはリスクの指標」ってやつです)

その何かしらのデメリットを自分の知恵と工夫、あるいは努力で乗り越えられるのであれば、儲けが大きくなりますし素晴らしいことだと思います。リスクを取った分、賃貸経営のやりがいや楽しさも感じられるでしょう。

これに対して本業が忙しく、不動産投資はあくまで副業と位置づけという方は、表面利回りが低くてもなるべく安全を優先に考えて物件を選ぶ事をおすすめします。トラブルを抱えると思いの外メンタルに影響しますので。

通町公園の千葉常胤像
千葉常胤像 平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての武将だそうです。

売却や購入のご相談はお気軽にどうぞ。賃貸も大丈夫です。

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ にほんブログ村
ポチっとしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL