ローンの返済が苦しい時は早めに動きましょう

戸建住宅

近所でも閉店する飲食店を見かける様になってきました。ぎりぎりまで力いっぱい頑張るのも、ある程度余裕がある内に撤退するのもどちらが良いかは外野からはなんとも言えません。それぞれご判断や決断が有っての事だと思います。

とあるお店にこんな張り紙が有りました。内容は良く分かりませんが大変なことはよく分かります。

営業終了おお知らせ

本日はローンの返済についての話を少し。

新型コロナの影響の方もそうでない方も、ローンの返済が苦しくなってきたらとにかく早めに動いた方が良いです。

先日ご相談頂いた案件が、詳細は書けないのですが時期的なことも含めて色々厳しく、結局弁護士の先生に相談して下さいということで終わってしまいました。お役に立てなくて残念でした。

都会の空

ローンの返済が苦しくなってきた、あるいは苦しくなりそうという方はとにかく早めにご相談して頂ければと思います。とはいっても弊社は不動産屋なので売却や賃貸物件探しのお手伝いなどの分野でしかお役にはたてませんが。

それでも、時期が早ければ早いほど選択肢が増えます。場合によっては銀行にリスケしてもらうだけで凌げるかもしれません。

ぎりぎりまで頑張ってしまうと結局任意売却、さらには競売になってしまいますのでどんどん自由が効かなくなってきます。

特に売買取引の場合の売主と買主の力関係は、どちらが時間的な余裕を持っているかで決まることが多いです。競売になるぎりぎり手前で任意売却となると買主も限られてきます。そして競売になると買主を選ぶ自由も無くなります。

これに対して時間的な余裕が長いほどゆとりを持って買主を探すことができます。結果として高い値段や良い条件で売却できる可能性が増えます。

東京タワーと紙飛行機

嫌なことは考えたくないし、つい先送りになってしまいがちになりますが、理想的には滞納してしまう前の苦しいと思い始めた段階でご相談頂ければと思います。

滞納が始まり、保証会社の代位弁済が始まると信用情報に傷が付いてしまいます。特にご商売をされている方にとっては重要なことです。

ところで、人があせっているのに付け込んで言葉巧みにとにかく(安く)売らせてしまう、あるいは買い取ってしまう業者もいるようですのでご注意下さい。任意売却の段階に来てしまったとしても工夫のしどころは有ります。

白猫

仕事、投資、あるいはギャンブルでも落ち目になってくると、誰でも考え方などが雑になりがちです。普段から気軽に相談できる専門家を見つけておくのが良いかもしれませんね。


まだ余裕が有る方もいよいよヤバそうな方もご相談はお気軽にどうぞ。

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ にほんブログ村
ポチっとしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL