接道状況は高低差に注意

根岸の坂の上

お客様が忙しいと、事務所ではなくてあちこち出かけて契約する事が多くなります。

最近では、国分寺での契約は駅前の喫茶店で、その前は八王子のジョナサン。お客様のご自宅(赤ちゃんが泣き叫ぶ)というのもありました。

お客様が行くのに便利で手軽な場所という事になると、どうしてもカフェやファミレスが多くなるのですが、できるだけテーブルが広いところを選ぶのが良いですね。

以前、お客様のお店の狭いカウンターで立ったままで重説や契約をしたことがあるのですが、ちょっときつかったです。途中でお店のお客さんもばんばん来てそのたびに中断しますし。

まあ、どこで契約しようが無事に終わればほっとします。


さて、マイホームでも投資用でも不動産を探す場合、接道状況が大切なことは皆さんよくご存知だと思います。

最近ではグーグルマップが便利なので、現地に行かなくてもだいぶ様子がわかりますが、やはり現地確認は大事です。特に地図でわかりにくアップダウンに注意です。

横浜だと公道と言っても実は階段の所も結構あります。

例えば地図ではこんな感じ。

山手方面の地図

現地はこうです。

山手の細い道

この先はこうです。

山手の階段

なお、眺望は良好です。

横浜の景色

それから、グーグルマップで見るときは、車が止まっている場所をチェックすると、その道が車両通行可能かどうか検討がつけられます。

航空写真

でも、先日調査に行った所は、こんな看板が現地に有ってびびりました。

看板

スキー場みたいな急坂です。転んだらどこまでも落ちていきそうですが、眺望は開けていて気持ちが良いです。

弘明寺の急坂

眺望と坂はトレードオフの関係ですね。

車の入れない坂道に出撃することが多くなってきたのでリュックを買いました。w

 

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ にほんブログ村
ポチっとしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL