太陽光発電投資って最近どうでしょう?

太陽光発電

だんだん日差しが春っぽくなってきましたね。

という事で本日は太陽光発電投資のお話です。

太陽光発は、今更感はあるのですが、最近の状況についてご紹介します。

買取価格が低下しているので、もうだめポみたいなイメージも有りますが、発電効率などが昔より向上しているということもあり、利回り的に見るとそれなりの所に落ち着いているみたいです。

太陽光発電投資はご存知の方も多いと思いますが、借地(または所有地)に太陽光パネルを設置して、発電した電気を売電するという仕組みです。

業者は土地と設備機器をセットで販売して、投資する方は、その土地、借地(地上権)と太陽光パネル、機器などを購入する事になります。

で、発電した電気は電力会社が20年間固定価格で買い取ります。

株式投資や一般の不動産投資と比べると、リスクが少なくてマイルドな投資となるイメージです。

その分面白みは少ないかもしれませんが、ワンロット2,000万円くらいで、提携ローンもつきますので、手間いらずのお手軽な投資ということで今でも結構人気が有ります。

太陽光発電

概要

現在販売中の物件の例を挙げると、数字的には次のような感じです。

(1) 初期費用
・発電設備価格:2,000万円
・登記費用:約10万円

(2) ランニングコスト
・地代:105,000円/年
・メンテナンス費用:129,600円/年(草刈りとかも含んでます)
※20年間で合計約470万円になる計算です。

(3) 収入
20年間売電想定収入:38,755,000円(税込)
※保証ではありません

買取価格は20年間24円/kWh(税別)で固定です。
(その後は8円前後で電力会社が買電する見込み)

売電収入が想定なのは、買取価格は固定ですが、日照時間などがシミュレーションによるものだからです。

太陽光発電のシミュレーション

投資効率

一般的な不動産投資では20年後も価値が残りますが、太陽光の場合は20年で一応価値が無くなると考えます。

(1) 現金投資
現金で2,000万円投資した場合は、売電収入が20年で3,870万円。
これにランニングコストが20年で約470万円ですので、差し引き約1,400万円が20年間での想定収益と言うことになります。

(2) 融資を利用
ご紹介する物件には、次のような条件の提携ローンが有ります。

・金利2.5% 15年間(180回)が最長
※動産総合保険が金利に入っております

2,000万円を2.5%、180回で借り入れすると毎月の支払いは133,357円、15年間の総額では約2,400万円の支払いとなります。

現金投資の場合は20年間で手残りが1,400万円でしたが、この提携ローン利用の場合は、20年間での想定収益が1,000万円になる計算です。(年平均50万円、月平均だと4万円ちょっとですね)

ちなみにこの提携ローンは車のローンが通るくらいの属性の方であれば、普通に審査に通っているそうです。

また、税務に詳しい方は消費税還付も合せて検討すれば、さらに投資効率は良くなりそうです。

太陽光発電の20年シミュレーション

その他

本件の太陽光発電につきましては弊社の仲介でなく専門業者へのご紹介という形になります。もしご興味が有りましたらお気軽にお申し付け下さい。

今回ご紹介の案件の他にも同規模の案件がございます。また、遊休地をお持ちの方は個別にご提案可能との事ですのでお問合せ下さい。

お問合せ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ にほんブログ村
ポチっとしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL