マンション用地の現地調査

江東区の交差点

緊急事態宣言が延長されるみたいですが、昨年と比べるとあまり緊急事態感が無いですね。去年はまだ外へ出かけるのになんか罪悪感?が有ったような気がします。

とは言っても飲食関係のお仕事は大変だと思います。ワクチンが行き渡るまで後半年くらいの辛抱でしょうか?


さて、お客様と江東区の土地の現地調査に行ってきました。ちょっとした商店街に面したきれいな整形地でなかなか良さそうです。面積は狭いのですが小規模なRCマンション用地での検討なのでなんとかなりそうです。

エリアは都営新宿線の大島方面なのですが、絶対的な距離が近いだけあって通勤や通学など良さそうな場所です。また、イトーヨーカドーなど大型スーパーも徒歩圏に有りまた周辺にも小規模な商店が多数あって庶民的な感じです。

明治通り

江東区ということで地盤がちょっと心配ですが、周囲にビルもたくさん建っているのを見ると、常識的な杭の範囲でなんとかなるのでしょう。

お客様が建築士に入れてもらったプランでは道路斜線などかい潜って5階建てまでいけるとの事だったのですが、現地を見るとほとんどが3階建てで、4階がちらほらといった感じです。

江東区の商店街

ここに5階建てを建築すると周囲から頭が一つ飛び抜けた感じになりそうです。場合によっては近隣対策費なども検討しなくてはならないかもしれません。また自治会などで建築に関する申し合わせ等が無いかも調べておく必要が有ります。

建築協定の様に法律によるがっちりした決めが無くても、自治会や商店会などで建築に関して自主的な申し合わせを決めていることは結構有るので注意が必要です。

【参考】建築協定とは?
敷地や建築物に関する民間の協定であって、特定行政庁(知事・市長など)の認可を受けたもののこと。 at home より引用

小名木川

100点満点の物件はなかなか無いです。


ご相談はお気軽にどうぞ。

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ にほんブログ村
ポチっとしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL