賃貸での住宅設備の故障

借りているお部屋の、例えばお風呂の換気扇や給湯器などが壊れた場合、修理費用は自分で払わないといけないのでしょうか?

自然劣化による設備の故障の場合は、通常大家さんが費用を負担します。(契約書に特約がある場合は除きます)
但し、賃借人の過失あるいは故意による破損などについては、当然借りている人が負担しなくてはなりません。
入居時に交わした契約書や重要事項説明書にも、その様な事が書いてあると思います。

もし、自然劣化による故障なのに大家さんから直接費用を請求された時は、仲介してもらった不動産屋に確認してみましょう。うまく調整してくれるはずです。
大家さんといっても、全員が不動産のプロでは無いし、間違って請求してしまうこともあります。
(単にけちなだけの大家さんもいらっしゃらないこともないですが…..)

もし、自分で業者さんに直接修理費を支払ってしまった場合は、忘れずに明細と領収書をもらっておきましょう。

ところで、当たり前ですが自己所有のマンションや一戸建ての場合、全ての設備の故障やメンテナンスの費用は自分持ちです。

このあたりの費用も考えた上で、賃貸か購入かを考えた方がいいですね。

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ にほんブログ村
ポチっとしてくれると嬉しいです。