急な引越しはURがお勧め

団地

夏休みの方も多いと思いますが、私は本日も営業中です。

午後から千歳船橋で売却物件の内覧立会に行く予定です。東京地方は曇りであまり暑く無さそうなので助かります。といいつつもこれから気温が上がってくるでしょうから、早めに行って窓を開けてこようかと思います。

さて、本日は弊社でも取り扱っているUR賃貸の話です。

急な引越しはURをまず探しましょう

部屋を借りる時は、その場所をよく調べてとは何度も書いているのですが、実際に転勤などでの急な引越しの場合は、調べてる余裕なんか無いことが多いですよね。

急な引っ越しのときって、たいてい1回内覧して、エイヤで決めてしまうことが多いと思います。そして、住み始めてから「ちょっと違うな」となってしまうことも有るかと思います。

そんな時は、とりあえずURが良いです。

なにしろ民間賃貸と比べて初期費用が圧倒的に安いので、再度部屋探しをやり直す際も、手間は別として金銭的なダメージは少なくて済みます。

また、URの場合はそんなにぜいたくではありませんが、それなりの基準で部屋は仕上がっていますので、とりあえずと割り切ればそんなに不満も無いとは思います。

という訳で、新しい地域に慣れるまで、初期費用が安いURをまず第一に検討されることをお勧めします。

一方、URの難点としては、どの街にも有るわけでは無いということです。また、ファミリータイプの部屋の割合が多いので、単身者向けの小さなお部屋は少ない感じです。ご希望のエリアにURの物件が無いことも多いかもしれません。その場合はあきらめて民間賃貸を探すしか有りません。

UR賃貸住宅取扱店

 

具体的にURの初期費用は?

URの標準的な初期費用は、敷金2ヶ月分と当月分(入居月)の家賃と共益費の日割り分だけです。火災保険は加入必須では有りませんし、鍵交換代も家賃に含まれています。さらにきれいに使っていれば、退去時に敷金はほとんど帰ってきます。

そして、退去予告も14日前(一般的な民間賃貸は1ヶ月前です)ですのでこれも有利な点ですね。

民間賃貸でも初期費用の安い、いわゆるゼロゼロ物件とかが有りますが、保証料、火災保険、クリーニング、鍵交換、その他色々な名目でお金がかかるような事が多いのでよく注意した方が良いです。

賃貸の初期費用

 

一時的な仮住まいにも好適です

また、初期費用が少ないURは、自宅のリフォームや売買の際の一時住まいにも良いかもしれません。先日も博多のお客様が自宅リフォームの際の仮住まいということで、契約していただきました。

今まで頂いた契約では、離婚前の独立とか、DVからの避難とか、そんなケースも有りました。特殊な?部屋探しにも秘密厳守で頑張ります。とりあえずなんでもご相談下さい。

URのお申込みはお得なJNS不動産で

ここから宣伝なのですが、JNS不動産を通してUR賃貸住宅を申し込むと、なんとお家賃の半額、50%分が入居祝い金としてキャッシュバックされます。(JNS不動産独自のキャンペーンです)
これでカーテンを買ったり、引っ越し代金に充てたりとかできます。

お得なUR賃貸住宅、ぜひJNS不動産でご検討されてはいかがでしょうか。全国対応です。

詳しくは次のページを御覧ください。

UR賃貸住宅


URに限らず民間賃貸でも、ご希望条件を教えて頂ければ、物件探しからお手伝い致します。お気軽にお問合せ下さい。

 

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ にほんブログ村
ポチっとしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL