新横浜賃貸併用住宅

新横浜賃貸併用住宅

JR「新横浜駅」徒歩5分 7,950万円。

今日は一部で?流行っている賃貸併用住宅のご紹介です。

4路線2駅利用可の好立地です

場所は横浜市港北区で、JR横浜線、東海道新幹線、地下鉄ブルーラインの新横浜駅から徒歩5分と便利な場所に有ります。また、東急東横線の菊名駅からも徒歩13分(横浜では珍しくほぼ平坦です)と、都心方面へも便利です。

新横浜のビルが多い側でなく、閑静な住宅地の側です。徒歩1分くらいの所にセブンイレブンがありますので、これまた便利ですね。

新横浜駅の入口

間取りは1階が4LDK、2階が1K×5戸の賃貸用です

1階の住居部は4LDK。2階の賃貸の部屋は1K×5戸となっております。2階部分の賃貸の状況は1室のみ募集中で高稼働です。(平成29年5月11日現在)
満室想定年間賃料は343.8万円となります。

もし、1階も賃貸にするのであれば、改修は必要ですが、2戸に分割することも検討できるかと思います。

残念ながら駐車場は付いていないのですが、すぐ近くに13,000/月で月極駐車場が有ります。

1階 (4LDK)

新横浜賃貸併用住宅1F間取図

2階 (1K×5戸)

築古ですがフルリフォーム済です

2010年に1階2階ともにフルリフォーム済で室内はとてもきれいです。1階は床暖房も有ります。ちなみに改装費用は3,500万円以上かけています。

204号室

204号室

204号室

 

【物件所在】横浜市港北区篠原町2779
【交通1】JR・ブルーライン 新横浜駅 徒歩5分
【交通2】東急東横線 菊名駅 徒歩13分
【建物種類】賃貸併用住宅
【土地権利】所有権
【間取り】4LDK × 1戸、1K×5戸
【建物面積】1階:93.70平米、2階:92.32平米(公簿
【土地面積】169.15平米 (公簿)
【接道】南側 私道 ※法第43条第1項ただし書許可(建築審査会包括同意基準3-3適合)
【都市計画・用途地域】市街化区域・第一種低層住居専用地域
【建ぺい率・容積率】50% / 80%
【高度地区】第1種高度地区
日影規制1.5m、3h、2h
【その他法令上の制限】宅地造成工事規制区域、最低敷地面積125㎡、緑化地域、建築基準法第22条
【都市計画道路】敷地の一部に都市計画道路有(3・2・3 新横浜元石川線)
【構造】木造一部鉄骨造2階建
【築年月】昭和47年9月 ※平成22年にフルリフォーム実施済
【電力】東京電力
【ガス】都市ガス
【給水】公営水道
【排水】公共下水
【現況】1階:所有者居住中、2階:賃貸中
【引渡】相談、瑕疵担保免責、現状有姿 ※賃貸契約の引継ぎが条件となります。

【価格】7,950万円
【取引態様】媒介
【情報登録日】2017年5月14日
【次回更新予定日】2017年8月31日

※検査済証交付無し
※建ぺい率・容積率オーバー(既存不適格建築)

チェックポイントなど

前面道路はいわゆる「但し書き道路」というやつです。
これは築基準法上の道路ではなく、原則として増改築や再建築不可なのですが「建築審査会の許可を受けることで建築を認められることがある道」という意味です。

なお本物件の場合は、「建築審査会包括同意基準3-3適合」ということで、あらかじめ建築審査会において同意を得たものとして取り扱われます。あらためて建築審査会での審査は不要となります。

また、現在定められているの建ぺい率と容積率の基準に対し、本物件はオーバーしています。これは本物件が建てられた当時はこの数字が定められていなかったことによるものです。いわゆる「既存不適格建築物」ということになります。そして再建築する際は現在の基準に従う必要がありますので、同規模の建物は建てられません。

それから、敷地の一部に都市計画道路がかかっています。これは昭和30年台からある計画なのですが、まだ具体的に事業化の話はありません。もちろん将来どうなるかわからないのですが、タダで土地と建物を取られるという事ではなく、ちゃんと横浜市から補償があるはずですのでご安心下さい。

猫が考える

賃貸併用住宅とは

賃貸併用住宅とは、戸建て住宅の一部に賃貸住宅をプラスした建物の事です。本物件のように1階と2階とか階数で居住部と賃貸部を分けることが多いです。

知らない人と一つ屋根の下に住むことになるので、完全独立派の人には不適ですが、なにしろ家賃収入を生む住宅です。

例えば融資を利用した場合、条件にもよりますが、その返済金額のほとんどの部分を賃貸収入で賄える可能性も有ります。金融機関によっては住宅ローンが利用できる場合がありますので、その場合はさらに良い条件で借入ができたりしますね。


本物件は、上記したようなチェックポイントも幾つかありますし、自宅と賃貸住宅と一緒に買うようなものなので、色々と検討しないといけないことが多いと思います。なんでもお気軽にご相談下さい。

 

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ にほんブログ村
ポチっとしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL