マンションを借りて事務所にする際の注意点

事務所

起業して会社を起こすにあたっては、登記する事務所が必要になるわけですが、その賃貸の話です。

人数が一人か二人くらいで少ない、そしてお客さんがそんなに来ないような、例えばIT系の仕事などの事務所は、オフィスビルでなくマンションの一室などで始めるのが、費用の点から考えて効率的ですよね。
通常のオフィスビルですと、家賃も割高ですし、保証金も結構必要ですし。
アットホームとかで普通のマンションで「事務所可」というのを探すと物件自体は結構見つかります。

個人と法人とややこしい。ここに注意。

ただ、これから起業しようとする方は、入居審査でつまずく事がありますので、要注意です。

まず、これから起業する場合は、個人でとりあえず部屋を借りて、登記が終わり会社が設立されたら、法人契約に切り替えることになります。
最近は家賃の保証会社が入ることが多いのですが、個人の場合と法人の場合では審査基準は同一ではありません。
そこで法人では審査に受からなかったりすると、ややこしくなります。
面倒くさいからと言って、黙って個人契約のまま会社として使用していると、個人から法人への転貸(又貸し)という形になり、たいていの賃貸契約では禁止されていると思います。

もちろん、個人事業である程度しっかりした実績があり、法人成りと合わせて事務所を借りるようなケースでは、割りとスムースにいくと思います。
(しっかりした実績というのは、3期分くらいの決算書や納税証明書などが用意できればベストです)

これに対して、これから新事業を始めるので部屋を借りたいというパターンが結構厳しいです。
もちろん保証会社や大家さんの考え方によるのですが、できれば社長ご本人以外にもしっかりした連帯保証人などを用意しておいた方が良いと思います。合わせて会社概要や事業計画書、場合によっては預金残高などもあれば。

これだけは止めておこう。

面倒くさいからと、普通の住居としての賃貸契約をして、事務所として会社で使ってしまうことは止めておいた方が良いです。
ばれたら、下手すると速攻で契約解除になることもあります。出入りが多いとチクられる場合もありますし、また登記情報は誰でも見れますので、バレる時はすぐにバレます。
SOHO的な感じであまり迷惑がかからないようであれば、「事前に」大家さんに相談するのも一つの手です。普段の信用がものをいいますが。

事務所

ところで、事務所の場合は住居と違って家賃や共益費に消費税がかかりますのでご注意下さい。8%だから結構大きいです。

思い切って買ってしまう作戦も。

面倒がきらいなら、500万円以下で売っているような安いワンルームマンションを買ってしまうのも一つの手です。
管理規約上、事務所可となっていることを確認する必要はありますが、自分のものですから入居審査とかややこしいことを言われませんので気が楽です。また、個人で買って法人に貸せば、法人税の節税にもなります。
そして、将来業務が拡大して、事務所を移転する際には値上がりしていれば売っても良いですし、賃貸に出して収益を得る事もできます。


事務所探しでお困りの方、力になりますのでお気軽にお問合せ下さい。すごく安い所から、やたら高い?ところまでご希望に応じてお探しします。

 

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ にほんブログ村
ポチっとしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL