給湯器の凍結と水漏れ

給湯器

1月になってやたら寒い日が続いているせいか、給湯器の凍結による水漏れ事故の話をよく聞きます。

通常、給湯器には凍結防止装置が備わっているので、あまり気にしなくても大丈夫です。
が、ブレーカーを落としたり(あるいは落ちていたり)で元の電気を切れていたりすると、寒い朝などに凍結してしまうことがあります。
凍結防止装置は電気が無いと働きませんので。

ただ凍結しただけであれば、とけるのを待てばよいのですが、時に給湯器内部の水の通路が破裂してしまうことが有ります。(水は凍結すると体積が増えて膨張します)

こうなると、給湯器が使えなくなるのはもちろん、水漏れも発生しますので色々と大変です。

しばらく家を空けるような場合などや、あるいは貸家やアパートの大家さんで空家になっている部屋をお持ちでしたら、この季節は気をつける方が良いですね。
もし大元の電気を落とすなら、給湯器に限らず、ウォシュレットなど水を使う機器は取説を見て、きっちりと水抜きをしておきましょう。

また、給湯器本体以外の水が通る配管にも注意です。
外気にむき出しの配管などは凍結しやすいので、保温材など定期的に点検しましょう。
こちらも凍結して破裂すると水漏れです。

配管

寒い地域の方にとっては常識なのでしょうが、暑さ寒さが極端になってきたせいか、今までと同じ感覚ではだめなようです。色々とご注意下さい。

ちなみに凍結による給湯器の破損は、ほとんどの場合保険の対象外ですが、水漏れによる損害は保険の対象になる場合があります。

 

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ にほんブログ村
ポチっとしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL